【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。なお、無断転載不許可です。

【コラム】 中華イヤホンレビューはなぜ「絶賛」が多いのか?

こちらの記事はしばらくの間、トップ固定と致します。 中華イヤホンの評価を見ていると、どうも「絶賛」ブログが多いのが気になります。 普通に考えればそんなことは絶対にありえません。 自分のお金を出して「買う価値」がある音響機器はそんなに数が多いわ…

誤解されやすい「駆動力」を詳しく語ってみる

【イヤホンの場合】 主に差が出るのは「低音部分」となります。 駆動力の差で帯域バランスが変化してしまいボーカルが引っ込む等という極端な現象は起こしません。 低音量にも差は出ません。 主に「質的な変化」が中心となりますので、イヤホンで駆動力を語…

【レビュー】SMSL SA-50 デジタルアンプ 50Wx2

超コンパクトタイプのデジタルアンプです。 こちらはAmazonにてほぼ「ベストセラー」と言ってもよいもので、レビューを参照していただければ分かるとおりかなり評価の高いアンプです。 価格が安く、なおかつコンパクトなデジタルパワーアンプで、この価格帯に…

【中華詐欺メーカー】Nobsoundについて

先日、中華アンプを物色していて完全な詐欺メーカーを見つけましたので報告しておきます。 Nobsound 日本のアマゾンにも結構な数がOEMとして入ってきていますので注意が必要です。 ちなみに詐欺の証拠はこちらです。 blogs.yahoo.co.jp 既にAmazonでは「在庫…

【次回予告】 SMSL SA-50デジタルパワーアンプ

さて、いつもの次回予告ですが、今回はAmazonで大人気のデジタルパワーアンプに行きます。 こちらのパワーアンプは格安小型のデジタルパワーアンプで、レビュー件数を見ても分かるとおりかなりの人気となっています。 元々僕はデジタルは音が悪いのでダメだと…

イヤホンとかスピーカーは楽器ではない

勘違いして貰っては困るのは「イヤホンとかヘッドホンとかスピーカはあくまで単なる変換器であって「楽器」ではない」という事です。 考えても見て下さい。 ひとつのイヤホンでトランペットからピアノからバイオリンまで完璧に鳴らせるわけがありません。 ひと…

【レビュー】KZ ZST カラフル/PRO 新型ZSTについて

ZSTが新型になっているという話しを聴いて、これは試さなくては・・・と思い購入した次第です。 今までのロット違いなどと違い「明らかな差異」を感じるとのことなので興味を持ちましたが、旧ZSTの全域に乗る「雑味」が我慢できずいちおう旧ZSTの評価は〇にし…

【まとめ】 KZ中華イヤホンの暫定的なオススメ 6/7日 ZSA&ZSTカラフル追記版

KZイヤホンについて思うことを書いておきます。 格安中華を代表するシリーズと云ってもいいと思う訳ですが、現状、全てが確認できているわけではありません。 とりあえず手持ちの14個のKZイヤホンのうちED1とED8を除いてレビューが完了したので、ここまでの…

KZ ATRを語る 【リファレンスとしてのイヤホン】

とにかくATRをまだ持っていない人はATRを買って欲しい。 よりよくレビューを理解して、更にイヤホンをもう一歩深く理解するためにどうしても必要なのです。 その理由を語ります。 【ATRは基準である】 ATRを推薦している第一の理由は「イヤホンの基準となるも…

【レビュー】 KZ ZSA 強烈な低音イヤホン

KZのZSAです。 【KZ ZSAスペック】 ■モデルナンバー KZ ZSA ■ドライバー 1DD/8mm+1BA ■感度101db ■インピーダンス 18Ω ■周波数特性20khz-20000hz ■コード長1.2メートル ハウジングがかなりの小振りなので装着感は結構いい方ではないかと思います。 バーンイ…

KZイヤホンの最近のインプレッション

【KZのボーカル域は改善している?】 KZは2018年に入って明らかに「チューニング」技術が上がっています。 特に明確に感じるのは「中域」で、意図的にフラットな音作りを目指しています。 おそらくコンピュータによる音響解析でわざわざ中域のピークやディップを…

【レビュー】KZ ED16 ハイブリッド

KZ ED16です。 1DD+2BAのイヤホンで、ここ最近のものではZSRと同じ構成となります。 ZSRのDDがかなりの粗悪品だったので愕然としましたが、こちらもたいして期待することなく、当たりだったらラッキー位の気持ちで購入しました。 【KZ ED16スペック】 ■モデル…

イヤホンに録音の善し悪しは重要なのか?

先日、CD音源で凄まじい音を出す音源を紹介させて頂きましたが、幸いなことにAmazonでも楽天でも新品はもちろんのこと中古CDまでボッタクリ価格の中古以外はすべて売り切れてしまいました。 ありがたいなと思うと同時に、イヤホンの方は記事でもかいたとおり…

【レビュー】KZ HD9 ATEの正統な後継機?

KZの1DD機であるATE/ATR系の流れをくむのがHD9となります。 時々、KZはフラッとこのような訳の分からない立ち位置のイヤホンをひっそりと販売しますが、ATR系であれば「聴く価値がある」と判断しましたので、購入した次第です。 【KZ HD9スペック】 ■モデルナ…

【イヤホン速報】SEMKARCH SKC-CNT1シングルダイナミックドライバー

【重要】 以下に書かれている情報に関しては、あくまで当ブログの読者様よりもたらされた意見であって、当ブログの評価を反映するものではありません。 しかし、イヤホンとしてのレビューを頂戴したこともあり、流すには勿体無いので掲載するものです。 もち…

イヤホンの価格を上げたら滅びるよ

オーディオに限らず若者が参入しないジャンルはみんなオワコンになってきているわけです。 スピーカーがオワコンになって、AVアンプもオワコンです。 今の主戦場はヘッドホンとイヤホンですが、このまま行くとこれも長続きしないでしょう。 その理由の1つが「…

【クソイヤホン速報】 TRN V60

【重要】 以下に書かれている情報に関しては、あくまで当ブログの読者様よりもたらされた意見であって、当ブログの評価を反映するものではありません。 しかし、クソイヤホンとしてのご意見を頂戴したこともあり、掲載するものです。 もちろん違った意見もあ…

本物のCD音源を紹介しよう

小柳ゆきのAcoustic Concert At Orchard Hallです。 CD2枚組ですが、この録音は本物で言葉がありません。 ただし、イヤホンではこの凄さがいまいち分かりません。 ヘッドホンで「さわり」がちょっと分かるくらい。 できればスピーカーのミドルクラス以上をお持…

バランス接続に対するピュアの考え方

イヤホンの面白いところのひとつに幾らか容易にバランス接続が楽しめるという事であろう、と云うことが上げられます。 僕の使っているA01だとできませんがDP-X1ですとバランス端子が実装されていますので試す事は出来るのですが、意外に敷居が高くて手持ちに…

【次回予告】 KZ ED16 ・ KZ ZSTカラフル/PRO

さて、矢継ぎ早ですが発注完了したので報告しておきます。 KZ ED16とZSTカラフル/PROのふたつです。 まだZSAも未出荷の状態ですができるだけ早くレビューに回すためにED16も行っておくことにします。 いまのところKZは多ドラ機ではあまり良い成績を納めていな…

海外サイト紹介 【thephonograph.net】

つい先日のことなのですが、DMでKZ HD9を教えてくれたフォロワーさんがいまして、おっ、なんかヤバそうだが行ってみようかなと興味をそそられたときに検索していて初めて発見したのがこちらの海外イヤホンレビューサイトとなります。 www.thephonograph.net …

【次回予告】 KZ ZSA

KZ ZSAが出荷開始されたので、急遽、こちらも購入しました。 次にED16が来るはずなのですが、もう「いい加減にして欲しい」というレベルの発売スピードでたぶん「音作り」というのがある程度疎かになっているような気もしてきた今日この頃です。 元々明確な「…

【次回予告】KZ HD9とfinal E3000

ATE/ATR系と思われるKZのイヤホンHD9を発注しましたので、次回はこちらになります。 音質的にどうかというのは分かりませんが、あの系統なら1度はいっておくべきかと考えたのと、DMにて教えていただいたので行くことにしました。 あまり期待できるようなもので…

【レビュー】KZ ES4

KZの新作であり、1DD+1BAとなっています。 写真上ではZS10のドデカハウジングと同デザインに見えるので懸念していましたが、デザインは同じながらも一回り小さくなっているので装着感はかなり向上しています。 ZS10を見た後ではこれはポイントが高い項目です…

ZS10への質問に答える 【KZ】

ZS10でいくつかDMにて質問を頂いたので、そちらに答えます。 ■中域が引っ込むのですが。リケーブルの問題か駆動力不足ですか? その質問の明確な答えは分かりません。 考えられるのはハウジングがでデカすぎて耳に合っていない、と云う可能性が最も高いと思わ…

ケーブルは単なる消耗品 数年に1度は全交換へ

僕のTwitterのフォロワーにYUKI NAKANO先生というミュージシャン/作曲家の先生がいらっしゃるのですが、この先生とのつながりはもともと「音響関係」ではありません。 なぜだかこの先生は僕のメインブログの方の「サバイバルグッズ」の方に興味を寄せられ、…

【KZ ED15】1DD+1BAハイブリッド

KZのED15となります。 1BA+1DDのイヤホンで、最近は無茶な多ドラが増えている中1DDで勝負することを避けているのかBAを一基搭載しています。 このスペックの方がマーケティング的に売りやすいので最近のブームの一環です。 どうでもいいことですが最近KZはコ…

デノンという会社はマジだから憶えておけ

イヤホン主体の読者にはちょっと馴染みが薄いかもなのですが、日本にはデノンと云う会社があります。 昨今のオーディオ界再編の流れに飲み込まれてマランツと統合されてしまいましたが、このデノンという会社の魂は結構マジでして、ここが失われると少なくと…

オーディオ騙しのテクニック【Beats by Dre編】

Beats by Dreというしょうも無い会社がありますが、今やアップルに買収されて大企業の1部門?までのし上がったので大したものです。 Beats by Dreは劇的に成功した会社ですが、音質的には見るべきものは何もありません。デザインとマーケティングで成功した会…

天才と凡人の世界

日本製オーディオ機器は世界ではほとんど相手にされていない、と云われています。 それは本当でしょうか? これは特にピュアのマニアからよく云われる言葉ですが、事実はどうでしょうか? 理由はよく聴きます。 例えば「日本人は生楽器の音を聞く機会が少ないので…