【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。

〇評価

【レビュー】Xiaomi/小米/シャオミ Mi In-Ear Headphones Pro HD

総合評価△ ネットで少し話題になっていたようなので、相変わらずレビューは見ませんが手ごろな価格で楽しめそうな雰囲気を感じたので購入してみました。 ひとつひとつの性能は悪くありませんが、設計上の問題では無いかという事で少し辛口評価になっています…

【レビュー】 KZ ZSE デュアルドライバー

総合評価〇 ダイナミック2発搭載の2Dドライバー搭載機となります。 KZの中では比較的新しく、VJJBの名機V1と同じような構成となっています。 V1のほうは同ドライバーの構成ですが、ZSEは異種のドライバーを並列に組み込んでいるようです。 【KZ ZSEスペック…

【レビュー】Tennmak Piano MMCX対応

総合評価〇 MMCX対応のTennmak Pianoです。 8.6mmの1ダイナミックドライバー搭載機となります。 【Tennmak Pianoスペック】 ■モデルナンバー Tennmak Piano ■ドライバー 1DD/8.6mm ■感度98db ■インピーダンス16Ω ■周波数特性20khz-20000hz ■コード長1.2メー…

【レビュー】サウンドピーツ/SoundPEATS B30 名機の誕生

総合評価〇 B10を販売しているサウンドピーツの最新イヤホンであるB30です。 超低価格ですが、セレクトショップのサウンドピーツが放つ新作であるだけに期待が高まりますが、このマルチドライバ全盛期に価格なりの1DD/9mmドライバー搭載となっています。 前…

【レビュー】KZ ATE-S

総合評価〇 公称ではATEの後継でスポーツタイプという事になります。 シュア掛けでフックに針金がついています。 こちらはなぜかいつものシリコンピースではなく、ウレタンピースが標準でセットされているのですが、これですと他のKZと音の判定が横並びにな…

リファレンスイヤホンについて 最新版

これまでのイヤホンやDAPの感想について、いったん落ち着いてきたのでこのあたりで再度まとめる意味でイメージを書いておきます。 【リファレンスイヤホンについて】 これはもう不動でKZ ATRとHLSX808を使うべきです。 リファレンスというのは毎日聞き続ける…

【レビュー】 GGMM C300 チタン振動板

総合評価〇 GGMMのエントリーモデルであるC300です。 特徴として「チタン振動板」採用ということが挙げられます。 通常この手の超高剛性素材は「高域」に効いてくるものですが、その分フルレンジで使用すると低域が甘くなる事が多くなります。 しかし、ベリリ…

【レビュー】 KZ ZST 1DD/1BAハイブリッドドライバー搭載

総合評価〇 KZのZSTです。 ここ最近のKZのモデルの中では比較的に世間での評価は高いようなので、これはぜひ聞いてみなければと思い、購入した次第です。 まずデザイン性が高いのは良いのですが、ハウジングが最近の多ドライバー搭載機のような大きさがあり…

【レビュー】 B10 SoundPEATS /サウンドピーツ B10 予想外の名機

総合評価〇 セレクトショップ・サウンドピーツが放つ格安イヤホンです。 貧相なパッケージとプラスチック製の安っぽい外観にまず驚きます。 といっても「価格なり」ではあるのですが、まったく期待できそうもないデザインで、音は聞かなくても「安物」感が伝わ…

【レビュー】 トランセンド MP350 防塵・防水MP3プレイヤーTS8GMP350B

総合評価〇 アウトドア用という事で購入しました。 防水・防塵タイプなのでキャンプや登山などの時に使うことを前提としましたが、もともとFMラジオでの情報収集目的での購入です。 なので音質うんぬんは購入して2年ほど経ちますが、ほぼ聞いたことがありま…

【レビュー】 Xiaomi Mi PISTON2 ベリリウムイヤホン/ シャオミ ピストン2

総合評価〇 有名なイヤホンですが、かつてメインブログでこき下ろしたピストン2となります。 この時は自腹購入で、ベリリウムの音が聞きたいと言うことでわざわざ買いましたが、ベリリウムの高域の特徴的な音がまったくしなかったので、頭にきてこき下ろしま…

【レビュー】 KZ ED3

総合評価〇 KZ ED3となります。別バージョンでyouthバージョンという青少年バージョンが売られていますが、そちらとはまったく音が違います。 youthバージョンを購入するくらいならED3のノーマルバージョンであるこちらの方が音は格段に良いと思います。 【K…

【レビュー】 KZ ATR 名機の系譜

総合評価〇 名機KZ ATEの正統な後継機となります。 もともとATEのボーカルのレベルは今でも通用するほどの高い質感を誇りますが、ATEは低域が強すぎるという問題を抱えていました。 それを解決して登場したのが正統な後継機であるATRと云うことになります。 …

【レビュー】 Magaosi HLSX 808 /Codio 021 ハイブリッドイヤホンM-1

総合評価〇 HLSX 808という名機です。これはリファレンスとしても使えるほどのイヤホンなので、イヤホン好きな方は必ず音を聞いておいて頂きたいほどのクオリティがあります 音の品位、ということでいえば正に1DDや1BAハイブリッドクラスでの勝負なら大変高…

【レビュー】 Tennmak dulcimer

総合評価〇 Tennmakというあまり聴いたことのないメーカーのちょっとマイナーなイヤホンとなりますが、アルミハウジングで装着感がよく、平均以上の実力は感じられるイヤホンです。 【Tennmak dulcimerスペック】 ■モデルナンバー tenmak dulcimer ■ドライバ…

【レビュー】 KZ EDR1

総合評価〇 KZ社のEDR1となります。 KZの中ではED9が高く評価されていますが、今回、聞き比べた結果ED9の星を落とし、EDR1の評価を出しておきます。 ちなみにこちらのEDR1とED2は見た目で区別がつきません。 音は違うようなのですが実際のところどうなのかは…

【レビュー】 UiiSii GT800

総合評価〇 UiiSiiというこれまた玄人好みのメーカーのイヤホンです。 GT800というモデルナンバーとなります。 ハウジングからコード1本までとても高い品質を維持していて、中華というのを疑いたくなるようなクオリティーです。 【UiiSii GT800スペック】 ■…

【レビュー】 VJJB v1/v1s

総合評価〇 VJJBの傑作のひとつです。 透明なプラスチック製のスケルトンハウジングに直列に実装された6㎜ドライバーを見せる演出が心憎く、本体も軽く扱いやすいです。 ドライバーが2個搭載されている分、本体が少し大きく、装着感は悪くありませんがイヤー…

【レビュー】 DZAT DR20 / Jayfi JA60

総合評価〇 DZATの最高傑作。 ダイナミック一発を感じさせない素晴らしい能力があり、1Dドライバの可能性や到達点を見せてくれる逸品だと思います。 フルレンジ一発にはそれでしか表現できない領域がありますが、それを垣間見せてくれるのがこのイヤホンです…

【レビュー】 DZAT DF-10

総合評価〇 DZAT DF-10です。 こちらもかなり有名な玄人好みのイヤホンになります。 木製ハウジングのイヤホンとなります。 【DZAT DF-10スペック】 ■モデルナンバー DZAt DF-10 ■ドライバー 1DD/6.8㎜ ■感度90db ■インピーダンス ■周波数特性20khz-20000hz …

【レビュー】 KZ GR イヤホン(AWEI GR)

が 総合評価〇 KZ社のGRとなります。 真鍮製のハウジングですがビルドクオリティは低く、こちらに来た個体はそもそも傷だらけでした。 KZはそういう物なのであまり気にしていませんが、価格が安い物なのであまり文句も言えないというところです。 ノズルが2…

【レビュー】 AIKAQI カナル型イヤホン C036 ハイブリッドイヤホン 1DD+1BA 

総合評価〇 AIKAQIのC036となりますが、1DD+1BAのドライバ搭載です。 一言で言うと同社のC04と同じドライバ搭載で、音の傾向もまったく一緒となります。 どうもハウジングの違いなのか低音のドライバのチューニング違いなのか、そのあたりの相違のみですが、…