【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。

【レビュー】 KZ EDR1

 

f:id:catwalk1101:20170124215559j:plain

総合評価〇

 

KZ社のEDR1となります。

KZの中ではED9が高く評価されていますが、今回、聞き比べた結果ED9の星を落とし、EDR1の評価を出しておきます。

 

ちなみにこちらのEDR1とED2は見た目で区別がつきません。

音は違うようなのですが実際のところどうなのかは明確ではありません。

 

【EDR1スペック 】

■モデルナンバー KZ EDR1

■ドライバー 1DD

■感度108db

■インピーダンス18Ω

■周波数特性20khz-20000hz

■コード長1.2メートル

 

【EDR1音質】

まず適正帯域バランスから云えば相変わらずの中華のKZで量が多めです。

KZの中でも特に低音が多めのED10の低音を少し量を絞ってエッジを明確にしたようなイメージです。比較するとED9よりも低域のバランスは良いと思います。

低音のエッジの描き方も十分に評価できます。

重低音も出すぎるくらいに出てきます。

 

ボーカルの質はED9の攻撃的なエッジを薄めてちょっと地味にした感じです。

といっても今回はED9を比較対照としたのですが、後からATEを持ち出すとATEよりも高域側のエッジが立ち気味なのでボーカルの質感は悪くは無いがATEのボーカルグレードから比較すると若干落ちるというレベルです。

 

ようするにこちらのEDR1のボーカルの質感はKZの中でも平均より上のレベルにはあるといえます。

惜しいのは高域側のエッジがわずかに立ち気味なところだと思います。

また、音数が多くなると全体的にすこしざわつきます。

f:id:catwalk1101:20170124220617j:plain

【EDR1まとめ】

KZのATEあたりに通じるエッジのマイルドさがあります。

KZの中でも音は明るめの部類になりますが、低音もかなり強めです。

輪郭はよくエッジはボケません。

 

量の多さは別として比較的に低域側の性能は高めです。

帯域バランスで見ればKZらしい低域寄りの音ですがボケ感も少なく、階調表現能力もかなり高いです。

 

中域の質感も悪くなくATEやATRに通じるボーカル域の質感を持っています。

ATEよりも音はわずかに明るい音です。

音質のところでも述べたようにボーカルの質感だけならATE/ATRには適いませんがKZの中の立ち位置としてはかなり上位に入るとみて良いでしょう。

 

こちらのEDR1はKZの中では意外な実力機となります。

ED9よりも間違いなくこちらの方が音質は上だと思いますので、高域側のエッジの尖りは唯一気になりますが、性能は高めです。

ATEあたりを少し華やかにして高域側を立たせた物がEDR1の立ち位置となりますのでKZのイヤホンシリーズの中でも実力高めです。

 

 

AliExpress.com Product - Original KZ EDR1 Earphone In-Ear Bass HIFI DJ Headphone Music Enthusiast Special Use Earburd With MIc or Not Decide on you