【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。

【レビュー】Xiaomi/小米/シャオミ Mi In-Ear Headphones Pro HD

 

f:id:catwalk1101:20170924184751j:plain

 

総合評価△

ネットで少し話題になっていたようなので、相変わらずレビューは見ませんが手ごろな価格で楽しめそうな雰囲気を感じたので購入してみました。

 

ひとつひとつの性能は悪くありませんが、設計上の問題では無いかという事で少し辛口評価になっています。

【Xiaomi Pro HDスペック】

■モデルナンバー Xiaomi Pro HD 
■ドライバー hybrid dual dynamic and balanced armature drivers
■感度98db
■インピーダンス32Ω
■周波数特性20khz-40000hz
■コード長1.25メートル

 

【Xiaomi Pro HD音質】

普通に聴く限りではかなり満足感の高いイヤホンです。

ドライバーはニュートラルで、音がかなり明るめに作られています。

 

全体的にエッジはわずかに立ち気味ですが、ニュアンスとして楽しめる範囲の出来映えで、音の明瞭度が平均以上に有り、クッキリハッキリとした音を持っています。

 

総論としては地力は相当に高いイヤホンで世間での評価も頷けますが、ちょっと細かいところに問題を感じます。

 

第一にボーカルが必要以上に前に出ます。

この為、低域を含めた帯域バランスは良好なのですが、明るくハッキリとしたボーカルが前に出てくるため、相対的に低域が沈んでしまう印象です。

 

ちなみにボーカルだけとると極わずかに暴れますが、質感は非常に良いです。

 

第二に、低域側の重低音域が少し出にくい印象を感じるのと、低域側の音が少し整理されるというか、聞きづらい帯域があるようで、他のイヤホンと比較すると若干聞こえ方が違い寂しい印象があります。

 

f:id:catwalk1101:20170924184814j:plain

【Xiaomi Pro HDまとめ】

明るくハッキリとしたボーカルが前面に出るため、ボーカルを十全に楽しみたい方向けのイヤホンです。

 

低域側は解像度が少し低めに入るようで、ドライバー側の混濁の問題なのかなんなのか特定できませんが、聞こえづらく埋もれる帯域が出てきます。

 

全体的に出来は良いと判断しますが、人によっては「腰高」だと判断されても不思議ではありません。

低域も60Hz以上の帯域を単音で聞く限りはかなりエッジがよいのでちょっと不思議なのですが、音楽がピラミッド型にならず、かまぼこタイプのようなイメージです。

 

おそらくですが、この音の出方はドライバユニットのクロスオーバーやハウジング設計に少し問題があるのではないかと思います。

 

ただし、もう一度言っておきますが「ボーカルのみにフォーカス」して聴きたいという方にはおもしろいイヤホンの1つです。