【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。なお、無断転載不許可です。

イヤホンの音とヘッドホンの音

note.mu

f:id:catwalk1101:20180302034915j:plain

 

最近思うのですが・・イヤホンの音はヘッドホンの密閉型の音によく似ています。

たぶんこのあたりがイヤホンにおける限界のひとつなのでしょう。

 

と云うのもヘッドホンで言えば密閉型の音では開放型/オープンエアーの音には絶対に適いません。

 

世界のハイエンドで1社も密閉を出さないのは単純に音のグレードが低いからです。

 

例外としてウルトラゾーネがありますが、あのメーカーは「まともではない」ので相手にしなくて良いです。

 

そのヘッドホンがなぜ多ドラを出さないのか?と云うことについてはよく考えるべきだと僕は思っています。

 

少なくとも「一流のメーカー」はまずそんなものは出しません。

また今現在定評のあるヘッドホンでもフルレンジのダイナミック一発です。

 

それなりの歴史のあるヘッドホンの世界で更に分離が良くなる、などという理由でもフルレンジ以外のドライバーを使わないのはキチンとした理由があるのです。

 

イヤホンでも音を聞く限りでは「おそらくこれはオープンエアーの音を目指した」と言えるような音がするタイプがあったりするのですが、まったく成功していませんので(むしろ音が悪い物が多い)、たぶんイヤホンで開放型の音を出すのはちょっと難しいのだと思います。

 

少なくとも僕が聞いている限りではイヤホンで音を多量に抜くと碌な結果が出ていません。

 

と云う訳なのでイヤホンで音の限界はどこに?と問われれば、おそらく密閉タイプの優れたヘッドホンを比較対象とするべきでしょう。

 

といっても「優れた密閉タイプ」というのがそもそも存在しないのですが・・・

 

catwalk1101earphone.hatenadiary.jp

  

 

 

安く良い音でオープンエアーの神髄が知りたければやはりグラドでしょう。

オススメです。