【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。なお、無断転載不許可です。

【2018年】クソイヤホンオブザイヤー 発表

note.mu

f:id:catwalk1101:20181216194749j:plain

 

今年もクソイヤホンオブザイヤーを決める年末がやってきました。

 

ちょうどタイムリーに読者の方からDMをいただいたこともあり、今年はKZのやっつけイヤホンのZSRかZSAあたりかな、と思っていましたが、突然、先ほど大型新人がノミネートしてきて、その余りのくそっぷりにいきなり賞をさらっていくという快挙を達成しました。

 

クソイヤホンというのはただダメなだけで無く、世間にある程度の認知があり、詐欺師のような風体をしている事が望ましい。

 

そういう意味ではZSRとかZSAはまだまだ未熟。おそらくダメだろうなぁ、という思いをくつがえすことが出来ず、そこにサプライズはありません。

 

クソイヤホンは買った人を絶望に陥れ、後悔の余り畳に正座して小一時間ほど西日の当たる部屋で下唇を噛みしめ己の迂闊さを反省するくらいでないといけません。

 

高校生のなけなしのお小遣いを奪い取るくらいの気持ちが感じられないとクソイヤホン2018は受賞できないわけです。

 

前置きはこのくらいにして・・・発表します。

 

2018年クソイヤホンオブザイヤーは・・・・

 

エレコムのEHP-CH2000GDです!!!

 

f:id:catwalk1101:20181216155754j:plain

 

ああ、コレはクソイヤホンだ。

なんかもうその風体も高級感があって、素人を騙す気満々なところも、あの久しぶりに聞いた籠もってんのか?と言いたいが、なんかそこまで至らない、なんかおかしい音もクソイヤホンにふさわしい。

 

かつてR8というクソイヤホンの中のクソイヤホンもありましたが、アレとはちょっと違って聴いていると耳がおかしくなるような3分ほどで耳からイヤホンを引っこ抜くというほどのものではなく、音質や狙いが違うのでもうちょっと進化した、なんかもう狙い澄ましたゴミという感じです。

 

R8は単なるバカでしたが、エレコムのEHP-CH2000GDは「知能犯」の香りがします。

 

なんか少し分かっている人が「どうせ音なんかこんなもんで良いだろ?しょせんわかんねーんだから。そうだ、デザインは高級感を溢れさせて、音は・・低音ブーストしてしまえ。大径ドライバで量感出しちゃえばもう完璧」とそんな声が聞こえてきそうなクソイヤホンです。

 

まぁ、今年はNOTE版を始めたこともあって、国産イヤホンを中心にしたので中華のゴミは他にもいくらでもあると思うのですがうまく避けられた気もします。

 

よし、今年は去年よりイヤホンの海を上手に渡ったぞと知ったかぶっていたら国産のエレコムが最後の最後にやってくれました。

 

もうね、なんかね。

 

アマゾンでレビュー数が800を超えるってそうそうないわけです。

 

9.5㎜と共同とはいえそれでもあり得ないほどの評価数なわけです。

 

それで「いける」と思って購入したら、堂々たるクソイヤホンですよ。

 

エレコムに言いたいこともあるのですが・・・グッとこらえてゴミ箱に投げ捨てるということにします。

 

アレですよ。こんなイヤホンが道に落ちていても拾わないように。長く聴いてると耳がおかしくなります。

 

と云うわけで今年のクソイヤホンオブザイヤーは突然の大型新人であるエレコムのEHP-CH2000GDということで幕を締めたいと思います。

 

ありがとうございました。最後の最後で本当に嫌な気持ちになりました。

 

 

catwalk1101earphone.hatenadiary.jp

  

  

note.mu