【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。なお、無断転載不許可です。

【レビュー】JVC HA-FX1100 ウッドドライバ採用のハイエンド

f:id:catwalk1101:20190601133440j:plain

 

JVCが伝統的に開発してきたウッドドライバ採用のハイエンドイヤホンです。価格は約3万円程度となります。

 

こちらも前回レビューしたFD01と同様に読者の方からの依頼でレビューするものです。ウッドドライバと云えば前回は低価格版のFW7を聞きましたが、ハッキリと言えることは音色が個性的なのがウッドドライバの音でしょう。

 

とても明るくてかなり暖かい。

 

そのウッドドライバがFX1100になると内部構造がかなり複雑で、ウッドダンパーまで含めて採用していたりします。

 

f:id:catwalk1101:20190601135340j:plain

 

もちろんJVCチューニングの関係があるのでこれらの特徴のすべてがウッド振動板からかもしだされるとは言い切れませんが、JVCのウッドドライバイヤホンは比較的どちらにも通底するベースとなる音と云うのは確かにあります。

 

ちょっとクセが強いといえば強いのが特徴で・・・・

 

FD01が期待から大きく外れていたので、今回のウッド振動板のFX1100には期待するところが大きいです。廉価版とハイエンドでの音作りの違いも、どのようなベクトルで処理したのかも見たいところ。

 

またもうひとつ知りたいのは日本メーカーが本当にハイエンドの音で世界に通用するのかも見たいところです。JVCと云えばなかなか面白い個性的な音作りが出来るメーカーなので、やればできる子、なのかどうかも知りたいところでしょう。

 

JVC HA-FX1100 WOODシリーズ カナル型イヤホン リケーブル/ハイレゾ音源対応 ブラック

JVC HA-FX1100 WOODシリーズ カナル型イヤホン リケーブル/ハイレゾ音源対応 ブラック

 

 

 

note.mu 

note.mu

catwalk1101earphone.hatenadiary.jp