【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。なお、無断転載不許可です。

【レビュー】KZ ED12

note.mu

f:id:catwalk1101:20180109122121j:plain

総合評価×

KZのED12です。

 

ハウジング形状がZSTと非常に似通っているのでZSTが合わなかった人はこちらのED12も装着に問題が起こるでしょう。

 

デザイン的にはおもしろいイヤホンなのですが、音質的にはどうなのかという事が最大の問題なので、その点を踏まえてレビューしたいと思います。

 

【KZ ED12スペック】

■モデルナンバー KZ ED12
■ドライバー 1DD/10mm
■感度120db
■インピーダンス16Ω
■周波数特性20khz-20000hz
■コード長1.2メートル

 

【KZ ED12音質】

しょうもない音がします。

 

何とか聞けるのがボーカルくらいで、他の×評価のゴミクラスのKZイヤホンと比較するといくらかマシな事は事実なのですが、あえて購入する理由が見当たりません。

 

とにかく酷い「雑味」で音が曇ってしまっています。

 

帯域バランスは低音がかなり強めに出てきますが、できは酷く、輪郭は崩れ気味でブーミー。

 

階調表現は低音の上の帯域でわずかに感じられる程度となり、全体的に見て評価に値しません。

 

基本の音質はウォームで明るめですが、音質以前の問題が大きく、高域から低域まですべての帯域で感じられる激しい雑味が音を邪魔をします。

 

ZSTもこの点は酷かったのですが・・・それを遙かに上回るレベルで・・・雑味の合間から音が聞こえてくる感じとなります。

 

ただ一点評価できるのは、この激しい雑味の間から響いてくるボーカルの出来はそれだけを取りだして聴いてみると一級品というなんとも不思議なイヤホンです。

 

f:id:catwalk1101:20180109122151j:plain

【KZ ED12まとめ】

KZの過去の駄作に匹敵するどうにもならないイヤホンのひとつです。

とてもではないですがこれをオススメすることはできません。

 

全域にわたる音の曇りというか雑味はどうにもならず、聞くだけ時間の無駄でしょう。

 

この雑味の出具合から判断すると明らかにハウジングの設計ミスを疑わせるレベルで、KZのやっつけ仕事だと判断します。

 

というのも「高域だけ」流しても雑味がまったく取れないので他の音域が被ってきているという事ではなく、これはもうもっと根本的な問題だと言えます。

 

ただし、なぜかボーカルのレベルは非常に高いという不思議なイヤホンなのですが、このボーカルも雑味の隙間からかろうじて響いてくると言う具合で・・・とても聞いていられません。

 

試しにアカペラのソプラノを流してみるとやっぱり雑味が・・・この雑味さえなければ意外にハイレベルなボーカルを活かしてアコースティック系の音楽を楽しむのにもしかしたら使えたかもしれないと考えると・・・残念な気持ちがします。

 

間違って購入しないようにしましょう。

 

 catwalk1101earphone.hatenadiary.jp