【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。なお、無断転載不許可です。

有線イヤホン

【レビュー】Campfire Audio DORADO 2020

campfireaudioのイヤホンは既に何本がレビューしているが、話しによると終売も速く、売れなければドンドン廃盤と化すとのこと。 こちらの2020dradoは前モデルdoradoとドライバ数が既に違い、2020は1dd/1baのハイブリッド2ドライバモデル。 どちらかというと…

【レビュー】Rosenkranz RK-Silver-BSイヤホン

ノート版で遂にローゼンクランツの実力を確認しておくこととした。 このブランドはいつ見ても笑ってしまうのだが、偏見を排してレビューしようと思う。 このイヤホン、こんなに高いのにイヤーピースすらついていない。 どこまでも自信満々のメーカーである。…

【レビュー】HIFIMAN RE800silver

hifimanと云うとヘッドホンが有名だが、このメーカーは初期の頃にだいぶ派手にインフルエンサーに商品提供してレビューを書かせていたのでイマイチ信用できなかった。 今回、イヤホンのミドルクラスをレビューすることにしてみたが、結果はお楽しみに。 HIFI…

【レビュー】FAudio scaleイヤホンは名誉を挽回できるのか?

ノート版で2本目をレビューした。 中華の1DD/2BAのイヤホンとなる。 前回はchorusだったが、今回はscale。 FAudio Scale FA-2293 有線 カナル型 高音質 イヤホン FAUDIO Amazon note.com note.com

【レビュー】qdc Uranus中華イヤホン

中華qdcのイヤホンである。 こちらはリンクを見て頂ければ分かるとおりの「高級イヤホン」であって、声を大にして云いたいところだが、価格が高すぎると思う。 中華イヤホン最大の問題は、リセールバリューが極めて低くなると言う一点に尽きる。 これが国内…

【レビュー】final VR3000 バイノーラルイヤホンは買いなのか?

先日、E500バイノーラルイヤホンのレビューをしたので、その勢いを買ってVR3000イヤホンを購入してみた。 個人的にはあまり興味のある分野とは言いがたいのだが、なんでも経験してみるのは悪くない。もともと多趣味な人間なので、バイノーラルとやらを1度く…

【レビュー】Klipsch X7iとX10イヤホンを比べてみる

つい先日のことだろうか、クリプシュのX5イヤホンを手に入れたのでそのままノート版にレビューさせて貰った。 X5はKG623ドライバを使用しているのだが、同じ623を使用しているのが今回レビューするX7である。X5にレビューに関しては以下のリンクを参照してい…

【レビュー】JVC HA-FW1500 JVCのウッドはたどり着けるのか?

JVCのウッドドライバはこれまで2本くらい聞いてきたような気がする。だが手元には1本もない。 JVCは日本ブランドの中では特に独特で聡明なのであるが、どうにもウッドドライバを使いこなしているとは言いがたく、悪くは無いが別に良くもない、と云うのが正直…

【レビュー】klipsch IMAGE X5イヤホン KG623ドライバの1BA

2008年発売のクリプシュimage X5イヤホンである。 当然のことながらクリプシュお得意の1BAであるが、X10シリーズのメインドライバであるKG926とは違うKG623ドライバ搭載である。 もともとX10と同時期に発売されたのだからいまから12年以上前のイヤホンである…

【偽物注意報】クリプシュのX10の真贋鑑定を頼まれた結果

以前、偽物だらけのクリプシュのX10について個人的に「真贋鑑定」を行うよ、という話をしていた。これはウチの読者様が安心して本物を聞いて欲しいと言う願いからだ。 僕としてはクリプシュのX10シリーズは「信頼できるオーディオ販売店から買え」と口を酸っぱ…

【レビュー】Noble Audio M3イヤホンの音を聞いてみた

noble audioのイヤホンである。 お初であるが、読者の方によると「音の魔術師」と呼ばれているジョンモールトンという聴覚学者・聴覚専門医が設計に携わっているらしい。 どういう人なのか分からないが、音の魔術師と言われているくらいなのでその筋の評価は…

【レビュー】final E500はエロ専用なのか?

finalのVRイヤホンだとか云うE500である。 発売から随分と経つが、今回レビューするのには理由がある。 実は前回の中華コロナで非常事態宣言によるステイホームが叫ばれていた頃に、読者の方からレビュー依頼があったのだが、この時断ったのである。 なにせ…

【レビュー】Unique Melody MAVERICK Ti

このUnique Melodyはたかが中華イヤホンでなんでこんな値付けができるのだろう? 中華qdcもそうだが・・・ Unique Melodyの方はとにかくドライバが複雑怪奇なのである。8ドライバーやら5ドライバーやらといいながら、低域にBAを被せたりと色々な事をやってく…

レビュー】Unique Melody MEST 中華ハイエンドイヤホン

先日、中華ハイエンドのqdcのイヤホンを聴いたが、こちらのUnique Melody MESTも中華のハイエンド。 中華でハイエンドなどおこがましいと思いながらも試聴してみた。 価格は本当に立派で17万などもはやイヤホンの価格ではない。 ドライバ構成も凄まじく、8ド…

【2020】クソイヤホンオブザイヤー受賞 INAIR M360 これは本物。

毎年恒例のクソイヤホンを決定するこの季節がやってきた。例年、数々のクソイヤホンがあるがその中でも特に酷いものを選定するわけだ。 今年はその中でも特に酷いクソイヤホンが現れたので安心したわけだが、コレはもう本当に言葉を失うほど酷い。 今年から…

【レビュー】JPRiDE Premium 1984 FREEDOMの音はハイエンドなのか?

JPRiDEというと当ブログの読者の間では話題沸騰中なのである。 なにしろホームページに書かれた宣伝文句が常軌を逸したすばらしい文言に満ちあふれている。 そのあまりの堂々たる自信にひかれて購入してみるのだが、出てくるのは文句ばかりである。 先日もDM…

【レビュー】qdc Dmagic 3Dイヤホンは本物なのか?

中華qdcのフラグシップイヤホンである。定価はなんと○○万円近い。 中華でなくとも「ほとんどボッタクリ」の価格設定だが、それをDDイヤホンで純粋な中華メーカがその価格で出すというのだから驚いてしまう。 なんと言っても中華である。 最近は価格の高い中華…

【レビュー】クリプシュ/Klipsch X11 

これでクリプシュのKG926ドライバを使ったXシリーズはすべて試聴を終了したことになる。 X20を初めとしてX12からX10を聴いてレビューを書き続け、KG926の本質に迫れたと思う。もはや926の新しいイヤホンは発売されないだろうが、今後はコレクターズアイテム…

【レビュー】Campfire Audio ARAはアンドロメダを超える夢を見るか。

見た目はアンドロメダとそっくりなのだが、こちらは7BAイヤホン。低域側に更に2BAプラスしている。 CAと云えばアンドロメダの評価が高いが、今回はARA/エラ。 なんだか価格がもうイヤホンの価格ではないので冗談で買える価格ではないだろう。その分失敗も許…

【レビュー】AKG N30

AKGのイヤホンはこれでほとんど聞いたことになる。 AKGは好きなイヤホンメーカのひとつだが、どちらかというと玄人好みでプロ仕様に近いと言える。 だいたい好きなイヤホンを聴かれてAKGを上げられるようだとマニア度も高くなったと言えると思う。素人さんが…

【レビュー】Final A3000 新ドライバを搭載したfinalの新作イヤホン

日本の誇るfinalの新作イヤホンである。 ほとんどボッタクリに近いような高価格イヤホンもよく出すブランドであるが、今回のふたつはボリュームゾーンを狙った価格帯で好印象だろうと思う。 読者の興味も高いブランドでさすがに日本を代表するメーカーである…

【レビュー】shanling ME100

shanlingのエントリーモデルイヤホンであるME100である。 先日、ME500をレビューしたが、これが予想をくつがえす代物で、その流れを汲んで今回はエントリーイヤホンのME100の方にいって見た次第である。 というのもME500はあまりにも高い。 はっきりいって中…

【レビュー】Campfire Audio andromeda 2020 超高額イヤホンの実力を見る

遂にというか何というかマガジンをとりあえず好きなタイミングで書くために「単品売り」してから初めてのイヤホンレビューがCampfire Audio andromeda 2020である。 何しろこのイヤホン、とにかく高い。 しかもフルBAの多ドラである。 CAといえば以前1BAのコ…

【レビュー】FAudio chorus 日本限定3BAイヤホン

FAudioのchorusである。 3BAイヤホンらしいが、元のオリジナルは10万位するらしい。そのオリジナルのハウジングをアルミに変えたモノがこちらの廉価版chorusという事になる。 メーカーによれば「共振が少なくなった」というような事を述べているが、それは音…

【レビュー】KZ ZSTx 久しぶりのKZイヤホンを聴いた感想

久しぶりのKZイヤホン。 おそらくは一年ぶり以上だろう。 最近はノート版で世界のイヤホンを聴くことに主眼を移したのであえてKZに興味は無いが、個人的な理由でZSTxを購入してみた次第である。 辛口イヤホンノート版マガジンはこちらへ。 国産や海外オーデ…

【レビュー】SHURE AONIC3 1BAイヤホンの世界 shureは本気なのか。

2020年4月発売なので、できたてほやほやとは云わないが、昨今のBluetooth化するイヤホンの中で「今どき有線」を大手が発売するのは珍しいだろう。 事実上の有線からの撤退が相次ぐ中で、だいたい残るのは碌でもないメーカーになりつつある。 悲しいがそれが現…

【レビュー】 Etymotic Research HF5

ERのイヤホンであるが、なんだかレビューが凄まじく評判がイイ。過去のイヤホンではあっても名機は名機といえるので、そのレビューが本当なら「買い」だろう。 ERはなんだかんだと色々と聞いてしまったが、その感想はノート版レビューに譲る。 そのERの伝統的…

【レビュー】日本製イヤースピーカ INAIR M360

国産や海外オーディオはこちらへ。 note.mu イヤースピーカというどこかで聞いたようなキャッチを持つ日本製イヤホンである。 「スピーカのように開放的」というコピーもまた笑いを誘う。 STAXがイヤースピーカというキャッチコピーを使うが、STAXは別格なの…

【レビュー】ETYMOTIC RESEARCH ER6

ETYMOTIC RESEARCH ER6である。今やかなりの入手困難品で中古市場でも滅多に見掛けることはない。 今回はそのER6のOEM版であるharman kardon EP730を読者の方からお借りすることが出来たので心して試聴させて貰った。 こちらのER6は周波数特性図からはほぼER…

【レビュー】shanling ME500 中華ハイエンドイヤホンの努力

国産や海外オーディオはこちらへ。 note.mu DAPでおなじみの中華メーカーshanlingの作ったイヤホンである。 DAPメーカーなのでイヤホンを作る実力があるとは思えず、単なるどこかのOEM品であろうと思ったのだが、悪質なDAPメーカになると、そんなものでも10…