【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。なお、無断転載不許可です。

基本的なこと&オーディオコラム

国産イヤホン NOTE版開始のお知らせ 

どうもです。 NOTEにおいて「有料版」を開始致しました。 レビューを新しい形で模索するという事で始めさせていただいていますが、こちらはそのまま粛々と進めていく予定です。 note.mu NOTEの有料版の方針としてはだいたいざっくりと「国産および海外製品」と…

【コラム】 中華イヤホンレビューはなぜ「絶賛」が多いのか?

こちらの記事はしばらくの間、トップ固定と致します。 中華イヤホンの評価を見ていると、どうも「絶賛」ブログが多いのが気になります。 普通に考えればそんなことは絶対にありえません。 自分のお金を出して「買う価値」がある音響機器はそんなに数が多いわ…

なぜランキング目的の記事が溢れるのか?

NOTE版を始めてから約10ヶ月が経過し、あちらのフォロワーさんも100名を超えました。 感謝です。 グーグルの広告に頼っていた時期と比較すると「自由」は増したと思いますので、当初の予定通りの展開ではあると感じています。 現状、ブログで収益化などほと…

オーディオにおけるボーカルフラットについて

僕はよく「ボーカルフラット」という言葉を使います。これはボーカルの周波数特性が極力平らであってフラットで無ければならない、と云うことを言い表していますが、人の声に関わる帯域はキチンと作り上げないと声がおかしくなるというか暴れるわけです。 こ…

【悲報】 低音病と中華イヤホン難聴 続出か?

イヤホンやヘッドホンを聞き続けると「難聴」になる、と云うことはよく云われています。 聴力は何もしなくても20代をピークに落ち続けていきますが、それを加速させてしまうのがイヤホン・ヘッドホン難聴です。 僕はこんなブログを書きながら日常生活では「車の…

【まとめ】 KZ中華イヤホンの暫定的なオススメ 4/28日 ZS10pro追記版

KZイヤホンについて思うことを書いておきます。 格安中華を代表するシリーズと云ってもいいと思う訳ですが、現状、全てが確認できているわけではありません。 とりあえず手持ちの14個のKZイヤホンのうちED1とED8を除いてレビューが完了したので、ここまでの…

ZS10proとWTSUNオーディオのこと

実はNOTE版読者の方には告知してありましたが、次回予定のKZ ZS10proイヤホンに関しては「WTSUNオーディオ」さんからの無料提供を受けてレビューすることになりました。 ただ提供を受けても忖度は一切なしのいつも通りのレビューにしかなりませんので、その…

みんなが聴いている音源について。その結果など。

音源は主に何を聞いていますか?アップルミュージックなどの方はストリーミングを選択してください— luna-luna 【肉】 (@lunaluna226) 2019年4月12日 音源についての結果が出ました。 予想外の結果でのけぞっています。 僕は既にストリーミングが主流だとみ…

まぢか? Bluetooth対応レコードプレーヤー? 

SONYから以前「音のよくなるSDカード」がぼったくり価格で販売されて驚愕しましたが、SONYというのはそういうことをやる会社である事は事実で、大手ブランドの一角を占めるメーカーとしては「恥」にもなるでしょう。 ソニー SONY microSDXCカード 64GB Class10…

ちょっとしたコラムと近況など。

catwalk1101earphone.hatenadiary.jp catwalk1101earphone.hatenadiary.jp ここのところ、エントリークラスのヘッドホンに手を出してみたり、国産から海外ブランドのイヤホンまで色々と触手を伸ばしています。 製品提供を一切受けていないのですべて自腹です…

KZ ZS7の注意点 低音の鳴らし方について

ちょっとしたお話しです。 先日、久しぶりにZS7を持ち出していろいろとDAPを変えて聞き込みました。 元々僕はリファレンスアンプとしてDP-X1を使っていることは明示しているわけで、レビューを書くときもこれでしか聴きません。 この点については以前よりハ…

ヨーロッパの音

最近はNOTE版をコラム系記事はメインに書いていますので久しぶりですがこちらに投下しておきます。 色々な音を聞いていて思うのですが、やはり欧州の音響機器は音が違う。 もちろんすべてではないのは当然ですが、おそろしく音の品格が高い。 個人的に要注目…

【サイト紹介】 Tecの路地

さて、取り急ぎで記事を書いておきます。 下記のブログはここ最近、よく当ブログの言及をしていただいてる「理系の学生さん」のブログです。 今回は主にケーブル詐欺についてのお話しですが、とても良く出来ています。なのでTwitterではなく、こちらで独立した…

オーディオ・オカルトグッズとかイヤホンとか。

ちょっと以前、メインブログの方で「ラーメン通はバカばっかり」という記事を書きました。 lunaluna302.blog.fc2.com 興味があれば読んで欲しいのですが、ようするに「ラーメンを今どきスープからグツグツ10時間も煮込んで作っているようなところは少ないよ」…

完全ワイヤレスBluetoothイヤホンについての個人的な見解

読者の方より、今現在の完全ワイヤレスイヤホンについての質問がありました。どうもちょっと長くなりそうなのでこちらで所見を述べておきます。 まず前提として直近の完全ワイヤレスイヤホンの音は確認していません。いくつかの完全ワイヤレスの音を聞いて「…

イヤーピースのお話し

ウチのtwitterにDMでの質問が来たりするのですが、よくある問合せで一番多いのが、次の質問です。 ■サイトで言われているよりも低音が少ないのですが、不良品でしょうか? 不良品であるよりも考えられる可能性で一番高いのはイヤーピースが合っていない、と云…

KZ AS10の注意点に関して

KZのAS10となると個人的には「なかなかよく出来ている」と評価しているフル5BAイヤホンとなりますが、ちょっとした注意点がいくつかありますので書いておくことにします。 こちらはBA機なので特に低音周りに問題が集中しています。 AS10はこのBAの低音を何とか…

オーディオのDAPの評価は簡単ではない

世の中、アンプの評価を簡単にああでもないこうでもないと語る人が居ますが、ハッキリ申し上げてアンプやDAPの評価はそう簡単な事ではありません。 例えばデジタルアンプならとてもストレートに音が出ます。音色もほとんど無色に近いのですが、これはデジタル…

中華メーカーの95%がやらせレビューだった

イギリスの調査団体によると、アマゾンレビューの3割がフェイクレビューで、更に無名の中華メーカーのレビューは95%が「フェイクレビュー」だという記事がニューズウィーク誌に出ました。 記事を掲載しておきますので興味のある方はぜひ。 実際のところ、中華…

アンドロイドをDAP代わりに使っている方へ

昨今ではアンドロイドをDAP代わりに使っている方も多いと思います。 ただアンドロイドを使っていると僕から見てどのレベルの低音が出ているのかとか、音の背景のクリアさとかがまったく分かりません。 要するに基準がよく分からないのです。 例えばiPhoneなら…

MA750と日本の音作り

僕はイヤホンを趣味で聴いているわけではないので、生活のなかではほとんど聞かないのです。 買ったものでも大半が聴くのは一度きり。 2日目にもう一度聴くイヤホンはレビュー判断が迷っているものか「これはいいぞ」と思ったものだけで・・・〇評価したも…

音響機器の音決めから「理系」は引っ込んで欲しい

音楽を鳴らせる本物の音響機器を作れるのは「文系」。 これ、ほんとの話。 日本の機器は理系が作って理系が判断するからどうしてもその先に行けない。 いや、日本だけで無く世界的にそう。ただ、日本の音響機器が揶揄されたのは理系がすべての面で前面に立っ…

中華イヤホンに五千円以上の価値はあるか?

どうもです。 最近は中華イヤホンの「限界」がなんとなく見えてしまったので購買意欲が激しく落ちています。 特にここ最近は「国産系」に手を出し始めていますが、実力がワンランク以上は上であることは間違いありません。 特に帯域バランスには顕著に表れてい…

【カルボアイ】新リファレンスイヤホン決定について【ゼロオーディオ】

当ブログで長きにわたりKZのATRをリファレンスとしてきましたが、本日を持ってこれをゼロオーディオのカルボアイに変更することを、ここに告知致します。 価格的には大幅なアップになり心苦しいのですが、最近の国産イヤホンを聞き分ける上で、また中華イヤホ…

【悲報】有線イヤホンさん、消えて無くなりそう

有線イヤホンが後どこまで持つのかというと、たぶんそんなに長くは持たないと思います。ワイヤレスに取って代わられるのは時間の問題で、5年か10年か。 どちらにしろ「ブーム」などそう長くは持たないので、「有線イヤホン」というジャンルはほとんど死にかかる…

intime sora lightに託す思い 

intime sora light このイヤホン、底力が違う。素の実力と音に対する「真摯さ」が違う。 エントリークラスのイヤホンに関しては中華ならだいたいの性能と到達できる地点は理解し、後は国産の確認だけなのですが、4000円程度という国産では非常にお安い価格に…

国産イヤホンの評価基準について

現在、国産イヤホンに関しては頻繁に評価変更を行うことが多く、皆様にはご迷惑をおかけしています。 理由を説明しておきますと・・・ 国産イヤホンの相対評価を今まで数多く音を聞いてきた中華基準で行っていますが、それでは対応しきれない部分が出てきてい…

イヤホンのサウンド定位と脳内補正

定位についてはこれまで何度もお話ししていますが、今回は「実例」を交えてどれくらいそれが「いい加減」なものかを簡単に書いておくことにします。 ブログをよく読んで頂いている方なら、僕が「イヤホンでの定位」というのをほぼ否定していることは分かっていた…

中華VS国産ドライバのお話

ここ最近はすっかり国産イヤホンの実力を確認するために邁進しているわけですが、相変わらず1万程度の価格レンジまでを中心としてチェックしています。 まだまだサンプルの実数が足りないため、こうだ!とはなかなか皆さんにお伝えしきれない部分があるので…

イヤホンとヘッドホンの音抜き穴/エアポートに関しての見解

いつもの自作備忘録さんのサイトの方で「イヤホンの音抜き穴/エアポート」についての記事が出ています。 当ブログの読者様はぜひ一読することをオススメしておきます。 domingo55.hatenablog.com さて、上記の記事を読んだ上で少し僕の見解を補足させて頂きます…