【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。なお、無断転載不許可です。

【中華詐欺メーカー】Nobsoundについて

f:id:catwalk1101:20180615181957j:plain

 

 

 

先日、中華アンプを物色していて完全な詐欺メーカーを見つけましたので報告しておきます。

 

Nobsound

 

日本のアマゾンにも結構な数がOEMとして入ってきていますので注意が必要です。

 

ちなみに詐欺の証拠はこちらです。

 

blogs.yahoo.co.jp

 

既にAmazonでは「在庫切れ」となっていますが、そのページへのリンクも張っておきます。

レビューを参照してみて下さい。

 

こちらのアンプはトランスが搭載されていません。

また真空管も全部ハッタリという恐るべき中華アンプです。

レビューではプリ部が真空管というハイブリッドアンプだと書かれている方も居ますが、そうではなく、こちらは完全な半導体アンプです。

 

つまり真空管はプリ段にも使われていません。

ヒーター点灯のみに電源を供給していかにも真空管が動いているように見せかけている製品となります。

 

こんなゴミにどのような評価がついているのか、一度見てみるべきでしょう。

 

https://www.amazon.co.jp/【TYSJ】Nobsound-MS-10D-パワーアンプ-ヘッドフォンアンプ-真空管アンプ/dp/B00MPC70C2

 

こちらは同じアンプのアメリカAmazonでの評価となります。

www.amazon.com

 

 

 

こちらはまだ日本で売られている詐欺アンプとなります。

レビューがついていますが、さすがにレビュワーが「警告」を出しています。

 

他のNobsound製品に関してはこちらにリンクを貼っておきますので、こういった詐欺を一度でも行ったオーディオメーカーの日本参入を阻むべく、拡散を希望致します。

 

ただし、現状では他のNobsound製品がこのような詐欺をまだ行っているのかの確認は取れていませんが、まともなメーカーとは言いがたく、このようなメーカーは避けて通ることで対処するのが最も適切かと思われます。