【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメ

中華低価格イヤホンとヘッドホン&デジタルプレイヤーDAP系のレビューのまとめとオススメです。購入した物や使ったモノが中心となります。誠実なレビューを心がけたいと思います。 。。基本的にライトな感じで一分で理解できるサイトを目指しています。このブログは「ぶろぐなんかめんどくせえよ」のスピンアウト・ブログです。なお、無断転載不許可です。

イヤホンの周波数特性グラフは信頼できるのか?

時々イヤホンの周波数測定結果をグラフとして公開している人が居ますが、これがどの程度信用できるかという指標について書いておきます。 これはヘッドホンでも同じ事なのですが、たいていの素人の計測したF特グラフは基本的に信用することができません。 そ…

太ると音が変わる? イヤホンと音の変化

イヤホン独特の音の変化として、体型の変化により音が変わる、と云うことが上げられます。 要するに太ったり痩せたりすると耳穴の形状が変化してしまうので、これは低音を中心に大きく音が変わります。 ユニバーサルイヤホンなどでも当然のことながら自分はい…

【次回予告】KZ ED15とES4

いつもの次回予告ですが、 KZのED15とプレオーダー中のES4は共に行きます。 ED15は既に発送済みなので近日中にレビュー可能となります。 ES4は前回のZS10のプレオーダーの事を考慮すると1ヶ月以上掛かるかもしれません。 気長に待っていて下さい。 ただ前回の…

イヤホンのリクエストやアンケートに関して 5/10更新版 

今後は気が向けばTwitterにてリクエストというか、アンケートを受け付けるようにしようかな?と考えています。 面倒なら辞めますが・・・こちらの記事は気が向いたときに更新していきます。 アンケート投票はTwitterにて行います。 ちなみにこちらはTwitterの…

低音の階調表現能力について【コラム】

カスタムIEM系イヤホンの自作で頑張っていらっしゃるいつものサイトさんの方で記事が上がっていましたので、そちらに答える形で・・・僕が使う「階調表現能力」について書かせていただきます。 記事自体も非常に示唆に富む内容なのでご一読を。 domingo55.ha…

イヤホンと音量調整について【コラム】

たぶんキチンとイヤホンを聞き込んでいる方なら特に詳しくお話ししなくても良いかなと思っていたこともあり、いままで「ボリューム」つまり音量調整について詳細に話してきませんでした。 イヤホンにはそれぞれの機種で「適正音量」が存在します。 これはスピ…

格安中華イヤホン オススメガイドと聞き所

イヤホンの「聞き所」をざっくりとオススメイヤホンとともに再度紹介しておくことにします。 特にHLSX 808に関してはそろそろディスコンではないかと思うので欲しい方は急がれた方がいいかも。もしかするともう手に入らないかもしれませんが。 運良く持ってい…

【KZ ZS10】 1DD+4BA 脅威の格安多ドラ機

たいぶお待たせしてしまいましたが、本日やっとZS10が到着しましたのでレビュー致します。 こちらはKZ初の片側5ドライバーを搭載した多ドラ機となります。 価格が異様に安いので爆売れする事は間違いなく、注目度も非常に高いとは言えますが、これまでの多ド…

オーディオ騙しのテクニック【ケーブル編】

今から引用するのはあるケーブルの説明文です。 単にランダムに選択しただけなので適当に選んでいます。他意はありません。 これはワイヤーワールドのXLRケーブルで価格は50センチで約12万円。 この説明文をヨドバシカメラから引用します。 かつての最上位モ…

音の判断はほぼテストソースの選択で決まる

僕がイヤホンで判定するときに使う専用の音源はすべてMP3に変換したものを使用しています。 その数はわずか2曲。 これで全部こなしてしまいます。 高域用で本当はもう1曲使わなければならないのですが、イヤホンでこれを持ち出すことはほとんどありません。 …

【サウンドステージの真実】イヤホンとヘッドホンの音場 その2

前回の記事で音場/サウンドステージと言われる物がスピーカーでも極めて不明瞭だ、と云うことを書きました。 そのぼやけたイメージを補うのが人間の「想像力」で、これがあるので音場というのは極めて個人差(思い込み)が大きく、ブログなどでマニアが殊更に…

実在感のある音場は果たして見えるのか【サウンドステージの真実】

「リアルな音場」という物に僕は非常に懐疑的な訳です。 「音場」というものが、つまりある程度明確なサウンドステージが出現するのは普通に考えると「AVアンプ」でよく調整されたシステムを使って、5.1CHサラウンド音源を流した場合のみです。 この場合の「…

レコードプレイヤーの音 【コラム】

僕は基本的にアナログ派です。 それはデジタルと比較して明らかに優れているからですが、アナログで良い音を出そうとすると単純にお金が掛かります。 デジタルのように価格に比べて音の品格のグレードの頭打ちがとても早い機器と異なり、アナログで良い音を出…

やらせレビューの見抜き方 中華イヤホン・中華ヘッドホンTwitter編【コラム】

これも今ままで何度も書いていますが、もっと具体的に書かないと「被害者」が続出する印象なので、ちょっと突っ込んで書いておきます。 先日もTwitterで中華ヘッドホンの「絶賛」レビューにやられたウチの熱心な読者の方も居たようで・・・残念ながら当ブロ…

低音量は時代とともに変化する 【コラム】

低音量は時代とともに少しずつ変化しているようです。 つまりこれが何を意味するのかと言えば、リファレンスとなる帯域バランスがそもそも変化しているという事で、僕たちが手に入れるそのイヤホンの低音量もそれを受けて少しずつ変わっていると云うことにな…

鈍感なヘッドホンと敏感なヘッドホン

今日は鈍感なヘッドホンと敏感なヘッドホンのお話をしておきます。 この問題は「どちらが優れているか」という事ではなく、そのヘッドホンのキャラクターみたいなモノですので、ヘッドホンをお持ちの方は自分の所有しているヘッドホンがどちらに属しているの…

ポタアンの役目 駆動力不足の解消

ポタアンの最も重要な役目は「駆動力不足を補う」という事になります。 普通に聴くとデジタルとアナログでの比較において見かけ上の駆動力はデジタルの方が上になります。 アナログでは鳴らすのが非常に困難なドライバでもデジタルではとりあえず音は出てくれ…

APPLE Earpods 純正イヤホン 【レビュー】

総合評価△ iphone 純正の付属品EarPodsイヤホンを評価しておくことにしました。 世界的に相当量の出荷量があるはずなので事実上のリファレンス的な立場を持つこともあり、一度キチンと評価の俎上に載せておくべきだと考えた次第です。 【EarPodsスペック】 …

オーディオはお金持ちが有利なのか?【コラム】

そういえばちょっと前の話しになりますが、TwitterのDMでポータブルオーディオに200万円以上使ってしまった人からメッセージを頂きました。 直裁に言えば・・・「オーディオは詐欺まがい」だという事にやっと気がついたという事なのですが、僕個人がもしポー…

B30イヤホンとA01中華DAPのこと【コラム】

予想通りというか何というかでA01 DAPは「大ベストセラー」になりましたね。 M20を聴いたときにもベストセラー確定だと思いましたが、A01を聴いたときには「大ベストセラー確定」だと感じていました。 その通りになったのでまぁ予定通りだったというわけです…

【レビュー】MEMT X5

総合評価△ 以前、MEMT X3というインイヤータイプのレビューを行いましたが、インイヤータイプという事もあり、音もバランスもまったくダメということで、MEMTのイヤホンに大きな期待はかけていませんでしたが、今回はカナルタイプのX5です。 こちらのX5は海…

音が聞こえるGIF

最近話題になっているのを見掛けて大変おもしろいと思うと同時に、オーディオマニアへのいつもの啓蒙の一環として下記に「音が聞こえるGIF」としてリンクを張っておきます。 Twitterでのアンケートに寄れば実に70%近くの人がこの現象を報告しているので、過…

【次回予告】KZ ZS10 大物登場か?

KZの新作がプレオーダー開始となったようです。 その名もKZ ZS10です。 Twitterにて情報が流れてきたのでそのままポチりました。 一応、出荷予定日は1-2週間となっていますので、早ければ2-3週間後には到着してレビュー出来ると思います。 とりあえずZSRと同…

【次回予告】MEMT X5

お久しぶりです。 最近どうにもイヤホンの購入意欲がわかず、メインブログにてGPSレンジマンを購入したり、カメラをポチってみたりしながら様子見をしています。 そんな状態ですが、以前ランキング本の紹介で「いこうかな」と考えていた国産のFinal E3000で…

イヤホンは軽自動車と同じなんじゃね?

ここ最近は何をしているのかと言えばスピーカーやヘッドホンを再度聞き込み直して「耳を直して」います。 どうもイヤホンを聞き込んでいたら・・それでもほとんど聞かないと言えば聴かないのですが・・耳がおかしくなってきたと感じているからです。 解像度…

イヤホンの音とヘッドホンの音

最近思うのですが・・イヤホンの音はヘッドホンの密閉型の音によく似ています。 たぶんこのあたりがイヤホンにおける限界のひとつなのでしょう。 と云うのもヘッドホンで言えば密閉型の音では開放型/オープンエアーの音には絶対に適いません。 世界のハイエン…

あまりにも優しく艶やかな音色の為に

音色というモノはそれぞれ楽器によって当然違いますが、複雑な楽器の方が音色もまた変化が大きくなります。例えばピアノとバイオリンを比較した場合、音色の複雑さや変化はもちろんその作りから言っても「ピアノ」の方が豊かにでる傾向はあります。もちろんこ…

ピアノメーカーがスピーカを作ってみたら・・・

世界に君臨する著名なピアノメーカーといえばスタインウェイとベーゼンドルファーを外すことは出来ません。 そのうちの1社であるベーゼンドルファー社がスピーカを作っていることはご存じでしょうか? 価格は数百万クラスのハイエンドですが、ベーゼンドルフ…

家電批評 2018年 3月号 イヤホン特集です

ちょっと情報が遅れましたが、2018年3月版の家電批評がイヤホン特集となっています。 有線イヤホンに関しては「中華」が入っていませんので、いつもながらの国内外の有名メーカーが中心のランキングです。 しかし、ここに掲載されているアンダー1万円以下を1…

中高音域と低域はなぜ両立しないのか。

TWITTERにていただいたご意見に対して少し長くなりそうなので、こちらで返答させていただきます。 度々失礼します。SoundPeats B10を購入しました。ジャズのウッドベースの音階移行をクリアに聴きたかったので。結果でした。中高域と低音域の両立が難しいの…